homekeiZiro_official_web_siteindex.html
infokeiZiro_official_web_siteinfo.html
profilekeiZiro_official_web_siteprofiel.html
bloghttp://ameblo.jp/keiziro-z/
workkeiZiro_official_web_sitework.html
music
contactkeiZiro_official_web_sitecontact.html

keiZiro

OFFICIAL WEB SITE

music

 

シンガー・keiZiroはエンターテイナー

2010年に自身のラジオ番組(FM 多治見)のテーマ曲を歌うという企画からシンガーとしての道を歩き始めたkeiZiro。

白根賢一、狩野佑次、関口誠人など、素晴らしいミュージシャン達にプロデュース、作詞作曲等していただきました。

名古屋ボトムライン、全国各地のLIVEハウス、Clubからショッピングモール、各種施設、リゾートホテルのディナーショーまで、老若男女にエンターテイメントを提供する姿勢はこれからも更なる進化を遂げてみせます。

 

2012年5月21日、keiZiro、 DJ Toby(日本のテクノシーンを世界に広めたテクノ界の第一人者)、 渡部高士(電気グルーヴ・WORLD ORDER等を担当するサウンドエンジニア)、小澤元(hajirock) の4人が新ユニットを結成!!

各方面で大活躍中の3人が、keiZiroのキャッチーでキッチュな魅力を80年代歌謡Disco風味をちりばめながらも新しい音表現に挑戦。
J-PopでもK-PopでもないkeiZiro-Pop到来。目指す所は全世界のクラブシーン。keiZiroユニットの公式発表にむけて、4人の才能が動き始めました。

 

2012年12月28日、keiZiro主催の音楽イベント《おとあそび・初》を地元名古屋のCLUB SARUで開催。地元アーティストの他に東京からOVERROCKET、ニルギリスを迎えたイベントは各方面から高い評価を受けました。

シンガー・keiZiroのディスコグラフィ

《イルミナシオン》《恋の曲がり角》

GREAT 3の白根賢一がキラメキと哀愁をちりばめたテクノダンスビートにアレンジ。どこか、懐かしさを感じさせるメロディと、駆け抜けるサウンドとkeiZiroのボーカルが一体となったデビュー曲。DJ MOTIVE、DJ KOYAS & DJ BUTIO、松井寛による3種類のリミックスも話題となりました。

《世界中のすべてのマリア》

keiZiroの第2弾目のシングル。目指したのは本物の愛の歌です。

《イルミナシオン》と同じ作詞:PSYOW・作曲:小林洋介。
アレンジにはHOME MADE 家族等の楽曲を手がけている
狩野佑次とガンダムMS IGLOOの主題歌等を歌うnappomamaのTajaの二人が担当。スケールの大きなバラードが誕生しました。

《キスとチューインガム》《No Song No Momotaro》

keiZiroが以前から敬愛していた関口誠人とのコラボレーションが実現!映画『俺たちに明日はない』からヒントを得た、『キスとチューインガム』と近年の関口誠人の世界感を表現した『No Song, No Momotaro』音楽監督として独特な音楽評を寄稿しているライター兼DJのBUTIO氏に参加していただきました。

『No Song, No Momotaro』は関口誠人もセルフカバーとして発売しています。

  各ジャケットをクリックするとiTunes Storeにジャンプします

作詞  PSYOW

作曲  小林洋介 (zout)

編曲  狩野佑次 (Taja)

ジャケットデザイン

NOVOL






2010年10月10日 iTunes Storeにて発売中。

《イルミナシオン》
作詞
  PSYOW

作曲  小林洋介 (zout)

編曲  白根賢一             

        (GREAT 3)

整音  渡部高士

ジャケットデザイン

NOVOL


2010年4月28日

CD・iTunes Storeでも発売中。

作詞  作曲

関口誠人(元C-C-B)

編曲  小澤元(hajirock)

楽曲プロデュース

DJ BUTIO

ジャケットデザイン

NOVOL




2011年3月iTunes Storeにて発売中。